聴く会話のまとめ

アサーティブなコミュニケーションに必要である聴く会話について紹介してきました。ここまでのところをいったんまとめておきます。

聴く会話の概要

相手の話の3要素(事実、感情、計画)のうち感情に注目する

日頃、特に仕事の場面では、事実と計画に焦点を当てることが多い

相手の話を理解するには3つの要素を統合して全体を理解することだが、感情に注目することで、相手の言いたいことや自分との違いがわかる

相手の言いたいことを言葉にして伝える

日常会話では、自分の言いたいことを言っている

関心の向け方

相手が何を言いたいのかに注目して話を聴く
  (=相手の話の3要素の感情に注目する)

・会話の言葉

相手の言いたいこと・気持ちを言葉にして確かめる

期待できる効果

相手の話を引き出す

相手はわかってほしいとの相手の期待に応えることができ、安心して話せる。
相手はもっとわかってもらおうと話をする
信頼関係を作る(人間関係の構築・維持)

わかってもらうことで相手は自分が大切にされたと思う
相手をわかっている、わかってくれていると思うことが信頼関係を作る

誤解を防ぐ

相手の言いたいことを確かめることで、意思疎通の誤解を防ぐことが出来る
(誤解の例:「○○と言ったじゃないか」⇔「××という意味と思っていました」)」

互いの違いを理解し活かす

出来事や状況について、どのように考えているか、どんな気持ちなのかをきくことで、
お互いの違いが理解でき、互いの知恵を活かすことが可能になる

聴く会話と質問

会話の中で質問を行うのもとても有効な方法で、カウンセリングやコーチングなどでも技法として使われていますが、質問は自分の関心で自分のききたいことをきくことになりがちです。

自分のききたいことを質問してばかりいると3つのきくの訊くになってしまいます。質問に答えることで話のテーマは質問の内容に方向づけられるので、質問する人が話の方向を決めることになります。

質問をすることで相手が自由に話ができなくなったり言いたいことが言えなくなったりすることがありえます。

相手の言いたいことをさらに詳しく聴く質問なら聴く会話としてはとてもよい質問になりますが、そのような質問は各会話に慣れるまでは難しいものです。

質問を技法として学んで質問をしようとすればするほど相手の言いたいことではなく自分の関心で質問してしまい、相手は自分の言いたいことが言えなかった、聴いてもらえなかった、言わされたと感じることがあります。

相手の言いたいことに耳を傾け理解しようとする聴く会話を身につけるには、最初は質問を我慢して相手の言いたいことを自分の言葉にして確かめることのみを行ったほうがよいでしょう。

また、相手の言いたいことをわかろうとして質問をする場合にも、質問の前に直前の相手の言ったことについて相手の言いたいことを自分の言葉にして確かめてから質問するようにすることで、その質問が自分の関心からの質問か相手の言いたいことを聴こうとしてしている質問が自分で判断できるようになります。

コメント